我等が~MONTEDIO山形~は山形の誇りであり、オレの『魂』、すべての道は神に通じる。不良中年が常に【INNOVATION】して往く。モンテディオのある生活を徒然なるままに書き殴っているブログです。


by crazydizzy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

草津

とり合えず、勝たせていただきましたって感じですかねぇ~。

昨日は、子供のサッカーの大会がありスタジアム到着はKickOffギリギリ、コンコースで勝利のカツ丼を買おうと思ったら、品切れ状態で・・・、カツカレー&BEERに変更し、いざメインスタンドへ?
はじめから、メインで観るつもりをしていました。去年の天皇杯以来のメイン観戦です。球音を楽しむべく、メインに陣取り、やや冷えかかったカツカレーを平らげたところでキックオフ!

立ち上がり、永井のヘッドで先制かと思われたが、無常にもオフサイドのフラッグが高々と掲げられていて、幻のゴール・・・。永井に駆け寄ったコーヘーがこっぱずかしそうだった・・・。試合はダラダラと進み、前半も終了というところで、キムがドリブルでゴール前に切れ込んだところを倒されてPKをゲットし、これをザイが冷静に決めて喜んでいたのもつかの間、草津の早いリスタートに対応出来ずに、お得意のパターンからの失点・・・orz。観ているこっちも慣れっこになっている。それではイカンと気持ちを切り替えてみる。後半も始まり、やはりこれといった見せ場もなくダラダラと試合だけは進む。後半も35分を過ぎたあたりだったろうか、宴会部長の匠が「こっからだ!こっから!」と叫んだ声で眠気も吹っ飛んだ。その直後だったと思う。交代して入った勝るからのセンタリングにレアンドロの頭が吸い付き一歩も動けないキーパーを嘲笑うかのようにゴールマウスへ突き刺さった。即座にゴル裏へ猛ダッシュするオレ。そういえば、昨日、子供とスケボーで遊んでいた時に転んでしまい、骨盤が腫れ上がっていて走るのも容易ではなかったのだが、そんなことも眼中?になかった。とにかくゴル裏へ走った。痛みなど感じなかった。
なんだか“プロジェクトX”の田中トモロウみたいになってきたなぁ~↓
ゴル裏は、すでに歓喜の渦!今日の試合は、声を出さずに応援しようということで話はまとまっていた。オレたちがリードをした時から声を出そうと決めていた。やっぱり、オレの居場所はここしかないんだなぁ~と感慨に浸りながら、85分間溜まっていたものを吐き出すかのように声を張り上げていた。そして、ゲームセット。ようやく3勝目が転がり込んできた瞬間だった。

とにかく勝った。

しかし、内容はといえば、お粗末なもので我々を満足させるには程遠いものだったと思う。いつだったかのエントリーにも書いたと思うのだが、確かに、先週の練習のボリュームといったらすさまじいものがあったと思うが、内容が変わっていないと書いていたと思う。やはりそれが結果となって現れてきていることに危機感を覚えてしまう。今節、レオナルドがスタメンを外れたのはそのときの走り込みでの疲れが溜まっていてのことだと想像する。あくまでも、自分の想像であるので、確かではない。それとは反対に、練習を観ていて使って欲しかった勝が結果を出してくれたことは凄く嬉しいし、いつでも、チームのムードメーカーになっている匠の一言にも感激した試合だった。次は、サブ組に回っている、タカバ・ウジ・ユータロー!君たちにだっていくらでもチャンスはある。腐れるな!きっと君たちを必要とする時が来るはずだから腐らずに練習して監督に対してドンドンアピールしてくれ!黙々と練習するのも良いが、アピールすることも忘れるな!

次は、湘南戦だ!このままでは勝てる相手ではない。同じような攻め方・守り方をしてくる相手だから、大量失点で負けるなんてことは考えられないにしても、反対に大量得点で勝てるとも考えられない。鉄壁なディフェンスと少ないチャンスを得点に結びつけるフォワードが必要になってくるはず、中2日と修正する時間さえ限られている。しかし条件はどこのチームでも一緒だ。君たちだけが優遇されているわけではないのだから、目の前の敵と向かい合いビビらないように鍛えてくれ。そして、俺たちに最高のパフォーマンスを見せてくれ。
[PR]
by crazydizzy | 2006-05-15 18:24 | MONTEDIOYAMAGATA