我等が~MONTEDIO山形~は山形の誇りであり、オレの『魂』、すべての道は神に通じる。不良中年が常に【INNOVATION】して往く。モンテディオのある生活を徒然なるままに書き殴っているブログです。


by crazydizzy
カレンダー

<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大石田 七兵衛そば

d0020503_0303866.jpg
知る人ぞ知る「大石田そば街道」

R13を山形から北上し、村山の金谷工業団地を左折してしばらく走ること30分ほどでようやく「次年子」にたどり着く。そこには、15軒ほどのそば屋が点在している。




d0020503_0305276.jpg
今日は、その中の「七兵衛そば」へ入ってみる。骨折しているというのに店に入るには5・6段の石段を登らなければならない。ここまで来たので食わずに帰るわけには行かない。まずはよじ登って店内へ入ることに成功。


d0020503_0302734.jpgこの店には、お品書きがないらしく、どうやらそばの「食べ放題」らしい。「大根おろしの汁」のそばつゆでぶっとくてぼそぼそとしたそばをまくらう。そば好きにはたまらん旨さなのだろうが、オレにはお椀で三杯が限界だった。  
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-31 13:20 | Foods

天童 そば処泰光


d0020503_1132290.jpg

d0020503_1133162.jpg
聖地べスパにほど近いお店“そば処 泰光”さんです。
練習見学しての帰り道にちょうど良いかも。当然会員さんですYO!!!店内には、モンテのポスターも貼ってありました。今日食べたのは、「冷やしおろしたぬき中華」?人気なだけあって、申し分なし!!! 
お店の前にも、お店の中にもでっかい狸の置物が置いてありました。やっぱり!「たぬき中華」が人気なだけあるわぁ。場所は、ここ
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-30 13:26 | Foods

そういえば

我等が聖地『べスパ』

いよいよ『ネーミングライツ』募集始まりました。

でん六?
平田牧場?

その他、優良企業がたくさんある中で、どこの企業がゲットするのか今から楽しみです。
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-28 20:34 | MONTEDIOYAMAGATA

もうひとつの闘い

しばらくの間、この興奮から覚めずにいたい気分。

結局は、いつものゴル裏に陣取ったものの、試合なんか見ちゃいない。観れたのは、2~3分くらい?

大事なダービーだというのに、その日の午前中に、スポ少の付き添いで学校に行き、そこで子供達と一緒にサッカーをしてきた。ただそれだけなら、普段と何ら変わりはない。しかし、その日だけは違っていた。なぜなら、トラップミスでボールを持ち替えようとした時にそれは起こってしまった・・・・・。(なんていったらカッコは良いが、ただのヘタッピ)

グギッ? ボギッ? グシャッ?

いつものように立てない↓

どうしたんだ!オレの左足!

しばらくしても、痛みはひかない。
騒ぎ立てるほどの痛みではない。
痛みというよりも苦しいといったほうが正しいかもしれない。

地面に足の裏をつけることすら出来ない。

スポ少が終ったのが正午。そのまま家に帰り、とりあえずシャワーだけ浴びて、カップラーメンをひとすすりしただけですぐに家を出てべスパへ向かう。普段は途中でコンビニに立ち寄ってなにやら買い込んで行くんだけれど、その日はそんな余裕はなかった。

いつもなら南側駐車場へ車を滑り込ませるのだが、その日は荷物も多かったので足の痛みと荷物を運ぶ距離を考えて北側駐車場へ車を向ける。車から武器を下ろしてしばらくしたら友達親子が助っ人に来てくれた。これで、とりあえず武器の搬入には成功。

しかし、ここからが試練の道。

北側駐車場から野球場の脇をぬけてFゲートまで普通に歩いたら2分もかからないだろう。その日のオレは、片足でケンケンをしたり、ほふく前進したり、休憩したりで15分以上かかったかもしれない。時間は午後3時に近かった。既に、若手を中心としたサポーター各氏がスタジアムに入り闘いの準備をしているようだ。芝生の上でしばし休憩していると、怪我人のオレ様をいじりたくて人が集まってくる。いじられても動けないオレ様。この調子では、到底ゴル裏ではバモれない!どこでバモれば良いものやら・・・。

その日は、午後4時開門というわけで、やっぱり片足ケンケンでスタジアムに入る。無事に臼井チャンのバッチもGET!!!!!なんとなく手すりを伝わり何も考えずにゴル裏へ・・・。やっぱりオレ様の居場所はココしかないのか?旗の準備やらは、全て人任せにしていたので、やることもなくなんだかダラダラと時間が過ぎていく。ゴル裏東側出島下の便所前喫煙所からしばらく離れずに仲間と軽くビールを飲みながら談笑し時間を潰す。

ダービーのこの日、誰しもがテンション高!最後までもつのか?そこは、サポーターたちも百戦錬磨のつわもの達だ。まさにサポーターにしても特別な日である。座っている間のオレは、いつものオレ。でも立てない。こんな日に限って旗を振れない悔しさがこみ上げる。

ふと我に返り、『大体において、こんな事があった時に限って勝てるんだよな!』などと思ってみる。やがて、それがまさか現実になろうとは・・・。(この表現は、残念がっている訳ではない)

ピッチでは、ジュニアユースのダービーが行われ、刻々と本番の時間が迫ってくる。

まず、シミケンと桜井が練習の為にピッチに登場する。そして、この試合に選ばれし者がピッチに登場する。ゴル裏からは、選手のコールが続く。そんな時立っていられないオレは、ゴル裏の手すりに腰をかけ、コールに合わせてクネ旗を意気揚揚と振っていた。その時に事件は起こった。勢い余ったのか手すりからピッチに転落してしまった。転落した瞬間は良く覚えていないのだが、手すりに必死にしがみつき事無きを得た。また、色々な方面に迷惑を掛けるところだった。というわけで、クネ旗を振ることも諦めた。

午後7時04分 Kick Off 闘いの幕が開く。ここから90分間、オレは、ピッチを見る事はなかった。この日のオレの役割は、いつも以上にスタジアムに観戦に掛け付けてくれたお客様にもゴル裏を盛り上げてもらおうとトラメガと一心同体化(使い方が違うと思うが気にするな!)することがオレのこの日の役割と決めた。それからというもの、コールリーダーに合わせて東側最前列から声を張り上げる。周りの反応でピッチをチラ見するが何が起きているのかも把握できない。とにかく、ゴル裏の人たちにも声を出して選手をサポートする素晴らしさを味わって欲しかった。オレ達のチカラで選手が120%のチカラを発揮してくれる事を目の当たりにして欲しかった。ゴル裏の課題になっている地蔵サポの姿などオレの目の前にはなかった。(すまん、言い過ぎた。笛吹けど踊らない奴はどこにでもいるものだ)ゴル裏も選手と一緒になって正に闘っていた。初めてゲームを観に来てくれた人も、長年スタジアムに掛け付けてくれる人も同じ雰囲気の中でひとつになればきっと最高の喜びを味わえる。感動を味わって欲しかった。それが麻薬になってヤミツキになる。そして、そこから抜け出せなくなる。まるでオレのように・・・。

そして、満身創痍で90分間闘い、7年振りにホームで勝利を手にした戦士たちが、誇らしげに両手を夜空に突き上げ喜びを爆発させている頃、オレもウルウルっと来てしまった。嬉しかった。この日のダービーは、後日ゆっくりとビールでも飲みながらVTRを観よう。何度でも観よう。

仲間達と喜びを分かち合い、そして、後片付けを早々に済ませ外に出ようとするも、相変わらずオレの足は地面に付ける事が出来ない。スタジアムに入ってきた時と同じく片足ケンケンでようやく外に出る。普段なら、バス待ちのひとつもするところなのだが、この日は、Fゲート前の芝生に転がり込む。このとき既に、この日の祝勝会は諦めた。

もう無理!!!!!動けねぇ~~~~。

北側駐車場からFゲートまでたどり着くのに15分かかった。帰りも片足ケンケン・ほふく前進で駐車場を目指すが昼間とは違い身体が思ったように言う事を聞かない。そんな時、見かねた善良な方が、おんぶしてくれた。『重いから無理だよ』といっても彼は大丈夫だからと言っておぶってくれた。すまない。本当にありがとう。次の日、彼は鼻血を出したらしいが、それはオレをおんぶしたのが原因なのか?

そして昨日、救急で病院に行って来た。診察の結果は・・・。

骨折!!!!!!!!!!!!!
全治1ヶ月

そして今、オレの左足にはギブスが施されている。

今週の札幌戦また行きます。モンテバカをとおり越してモンテ基地外と呼ばれた男!!!飛べなくたって声が出れば十分さ!!!!!と強がりを言ってみる。旗が振れなくたってゲーフラ掲げりゃ十分さ!!!。

色々とあった“みちのくダービー第3ラウンド”だったわけだが、一生忘れられないダービーになったことは間違いない。
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-28 19:33 | MONTEDIOYAMAGATA

ごはんですよ!ふなやま

d0020503_23445811.jpgこのお店は、デミグラソースのオムライスも旨いんですが、やっぱり焼きそばでしょ!!! これは絶品です。どちらかと言うと屋台の焼きそば屋さんに近いかなぁ。薄味ですがおばちゃんがソースも一緒に運んできてくれるのではじめは薄口で、その後はソースを好きなだけかけてお好みで召し上がれ。ここだよ~ん!!!
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-28 13:16 | Foods

あ~あ

また書かれちゃいましたけど。

[68820] 水戸観戦者 > 「勇人やる気出せ」って叫んだお前。
絶対許さない。夜道を歩く時はお気をつけて。 (2006年08月24日 (木) 00時55分)

[68836] 叫んだ奴 > お前は勇人のあのタックルを見たのか?
やる気の無い奴があれだけ走ってディフェンスできねぇって。
よく見てください。 (2006年08月24日 (木) 11時38分)

これってオレのこと?

怖くて夜道歩けないわ・・・。

これって通報できるのかしら・・・?

しかも、タックルしたのって言った後ジャン。
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-25 16:04

今更ながら・・・

今朝、の会話
アキラ「水戸に行って来たの?」
オレ  「う・うん 行って来た↓」
アキラ「自分ばり!!! ありえねぇ」

ってなわけで、急遽、参戦して来た訳ですが、行くんじゃなかった。観るんじゃなかった。

水戸まで乗せて行ってくれた○竹さん、運転してくれた○竹さん&足軽さん。ごっつぁんです。

帰りは爆睡(ふて寝)してしまって、本当にごめんなさい。

で、試合のほうですが、いまだに腹の虫がおさまりません。いろんなブロガーたちが憤慨しているが、オレは、それ以上に憤慨している。

ここ何試合かと違い、ゲームの入り方は良かったと思う。なんて思っていられたのも前半の15分ぐらいまでで、それ以後は、相変わらずのていたらくぶりを発揮しまくっていた。その後のFKで、まずは1点を献上し、続けてPKまで献上してしまう有様。すまんが、この時点でオレの気持ちの糸がプツンと切れてしまった。

超攻撃的に変貌した水戸。しかしベースには、ミトナット 否! ミトナチオといわれる分厚い壁が立ちはだかる。そんな水戸に対して、前半で2点も献上してしまったら

「おまえはもう・・・死んでいる」

ってなもんや三度笠

後は、ボールは持たされているけど最後の詰めが出来ない。苦し紛れに上げたボールはことごとく跳ね返される。パスコースを消されてパスの出しどころも無いうえに、パスを出したら水戸のDFの網にかかりまくり。加えて選手の足は棒立ち。カウンターを仕掛けるにも誰も上がっていかない。上がったっきり戻ってこない中盤。お前ら、サッカー板ゲームか?とまぁ最悪の展開で見せ場無く終了。

せめてもの救いといえば、財前の投入が功を奏したのか、多少なりとも動きが良くなった気がしたくらいなものか。

怒りは頂点に。久しぶりに

“ごしゃっぱらやげだ!!!!!(超腹が立った)”

何故こんなチームになってしまったんだ。選手たちの闘う姿勢が全くと言って良いほど見えてこない。勝ちたいという気持ちが伝わってこない。

千葉の羽生は、一人少なくなった磐田を相手に負けて号泣したらしいが、うちに選手には、そんな悔し涙を流すヤツさえいない。負けて悔しくないのか?悔しさを押し殺していたようにも見えなかった。何故だ!精一杯闘っていない証拠じゃないのか?この試合の負けの意味をとくと考えろ!

負けて悔しがるのはサポーターだけなんて・・・。惨めだ。。。。。

オレの気持ちの切り替えが出来ない。正直辛い。こんな気持ちで明日のダービーを迎えることになる。何とかして気持ちを切り替えなければ・・・。

“ダービー”

ダービーだけは、何が何でも勝ちたい!!!!!そして勝たせてやりたい!!!!!

今の状況で、選手たちは、どう思っているんだろうか?絶対に勝ちたいのか?選手たちに迷いは無いのか?明日は、何を目指すのか?明日だけは、内容なんてどうでも良い。泥臭くて良い。オレが求めているのは、「勝利」のみ!!!!!

この成績では、お客の入りも心配される。当然、頭をよぎるのは、“ホームジャック”だ!ホームでのダービーなのにお客が相手チームよりも少ないというのはみっともないかぎりだ。それだけは避けたい。明日の試合、2万人を集める為に協会も本腰を入れて準備をしてきた。そして、サポーターもチラシ配りやら口コミで友人知人を誘っただろう。全ての結果は明日出る。モンテディオに興味の無いやつは、このブログなんて覗きにも来ないだろう。すなわち、このブログから集客を期待することは出来ない。一人でも多くの人がべスパに足を運んでもらうためには、これからでも遅くは無い、営業をかけること。招待券を持っている人は、全て使い切るつもりで勧誘するしかない。勧誘する方法は、各自が考えればよい。とにかく、明日のダービーは、必ず成功させよう!!!!!





PS.ちょっと成績が良いと『『樋口辞めろ』コールしたヤツは、監督に謝れ』って言ってたヤツ!今のお前の気持ちはどうなんだい?????

それから、

湘南での水かけ事件。大方あの行為は許されない行為だという結論に達し、当事者となった彼も謝っていたけれど、先日の徳島戦でメインから選手に向かって水を撒いていたヤツがいたけど、勝ったら何にもお咎めなしかよ。基準は何処にあるのか知ってるヤツは教えてくれ。
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-25 15:46 | MONTEDIOYAMAGATA

VAMOS犬?

こんにちは☆VAMOS犬?の来夏♀(らいか)でぇす。
d0020503_0451911.jpg



d0020503_0502848.jpg
我が家に初めてやってきました。夏に来たので、来夏♀(らいか)でぇす。

d0020503_0505047.jpg
我が家の紅一点の来夏♀(らいか)でぇす。まだ、生後2ヶ月です。

d0020503_05134.jpg
もしかしたら、近いうちに皆と会えるかもしれませんので、その時はよろしくお願いします。
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-22 01:05 | Crazy Dizzy Land

ひと夏過ぎたかなぁ?

夏の大会では、山形県勢初のベスト8に進出した日大山形を倒した早稲田実業の初優勝で全国高校野球選手権大会は幕を閉じたわけですが、今年ほど真剣に?高校野球を見たのは初めてでした。

日大山形の選手達も堂々と胸を張って帰ってこられたと思います。結果的に負けてしまったが、山形の歴史に名を刻み後世まで語り継がれることだろう。他の球児も、この結果に満足することなく更にその上の成績を残せるように頑張って欲しいものだ。いよいよ山形の高校野球もレベルが上がってきたと感じさせられた試合だったと思う。

何よりも、現地で応援し続けた君も、すがすがしい思い出を胸に帰ってこれたのではないでしょうか。正直、君のお陰で久しぶりに高校野球に興味を持って観戦することが出来ました。

前評判通りの早稲田実業・斉藤投手、はじめは、ユニフォームの後ろポケットからタオルハンカチを取り出し汗を拭く仕草がなんともスマートで、鼻につく印象さえあった。しかし、無表情で淡々と投げ抜く姿には、オーラさえ感じられた。すべては、彼の何事にも変えがたい自信からみなぎるものだと気付かずにはいられなかった。とにかく、凄いの一言では言い表せないピッチャーだったと思う。駒大苫小牧の選手については、必ずしも三連覇を意識していないと言えども、潜在的にはかなり意識していたもので、それに対するプレッシャーも相当のものだったと想像できる。そのプレッシャーの中で、彼らは期待に応えるべく良く戦った。一人として、下を向く必要はない。是非、胸を張ってもらいたい。

しかしなんだな、試合後の選手のインタビューを聞いていて、感心させられたなぁ~~~。だって、オレが高校生の頃だったら、あんな立派なコメントは言えなかったよ。今でもあんな立派なコメントなんか出来ないけどね。どんな環境で教育されるとあんなコメントが出来るようになるんだか?高校生のコメントに感心しまくっている40過ぎのオヤジってどうよ?
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-22 00:33 | Crazy Dizzy Land

ヨコハメ

負けたらしいですね。

現地に行ってもいなければ、TVで観てもいないので

コメントはありませんが、

同じ相手に3連敗はないんじゃない

負け越しですけど・・・。





すんません。飲んでました。
[PR]
by crazydizzy | 2006-08-21 00:33 | MONTEDIOYAMAGATA